テレワーク用パソコン特集 アイキャッチ
テレワーク用パソコンに
お悩みの方へ
パソコン選びのポイント
おすすめのパソコン
をイオシスがご紹介!

テレワークとは

テレワークイメージ
テレ(離れた)+ワーク(働く)

現在注目を浴びている働き方で、会社・オフィスなどの勤務場所や勤務時間にとらわれず、柔軟に働く事を指します。
自宅やサテライトオフィスなどで仕事をする、この働き方ではパソコンやタブレット、スマホなどを活用しながら仕事をする事が多くなります。中でもノートPCは人気が高く、いろんな種類のものが発売されています。

テレワーク用パソコン選びのポイント

テレワーク用パソコン選びのポイントは、どのような作業をテレワークで行うかにより、どの程度の性能が必要か見極めるというところになります。
下記の例を参考に、必要な性能を絞りましょう。

性能イメージ
  • CPU

    CPUイメージ

    処理の能力全般に関係し、人間でいうところの頭脳です。

    エクセル、ワードといった
    軽い事務作業やWEBブラウジング

    比較的低クロックのCore i3やCeleronでも問題なし

    テレビ会議や複数のソフトの
    同時立ち上げでの作業

    高クロックのCore i5やCore i7が快適

  • メモリ

    メモリイメージ

    メモリが大きいとソフトの並行作業が快適になります。作業に使う机の広さに例えられます。

    エクセル、ワードといった
    軽い事務作業やWEBブラウジング

    4GBあれば大丈夫ですが、8GBあれば動作のモタつきを抑えられます

    テレビ会議や複数のソフトの
    同時立ち上げでの作業

    8GB以上あると同時に複数のソフトを起動しても快適に動作します

  • サイズ

    ディスプレイのサイズや解像度により視認性が変わります。
    用途によって必要なサイズを選びましょう。

    モバイルサイズ

    サイズイメージ

    一般的に13インチ以下のモデルになります。
    サイズが小さいので省スペースで軽量という特徴があります。バッテリーが大きめで電源が取れない場所での使用に向いています。スタンダードに比べると性能が上がるほど価格も大きく上がる傾向があります。

    スタンダードサイズ

    サイズイメージ

    一般的に15インチ以上のモデルになります。
    サイズが大きいので据え置き機というイメージです。省電力性能は低いですが、その分ハイパワーなものが多いです。画面が大きいので視認性が高く、フルHDなど解像度が高いモデルでも文字の小ささが気になりづらいです。
    本体が大きいので持ち運びには不便ですが、テンキーが付いているものも多く事務作業との相性が良いです。

  • ストレージ

    ストレージイメージ

    データの保存場所になります。事務作業などであればデータは大きくならないので用途と価格でお選びください。

    SSD

    データの読み書きが速く衝撃に強い特徴があります。
    HDDと比べると価格が高くなる傾向があります。

    HDD

    SSDと比べると価格をグッと抑えられます。
    大容量のものが多い傾向があります。

  • Officeソフト

    Officeイメージ

    会社用PCでは当たり前だった各種ソフトも、テレワーク用PCでは入ってると限りません。 こちらも必要に応じて選びましょう。

    Microsoft office

    世間一般的に一番使用されています。
    データのやり取りをお考えであれば、データを開けないなどトラブル回避の面からも一番おすすめです。

    互換Office

    KINGSOFT OfficeやWPS Officeなど、Microsoftと比べると非常に低価格なものや無料のものもあります。
    正規Officeで作成したファイルを開くことも編集することも可能です。 基本的な作業はMicrosoft Officeと共通ですが、レイアウトやマクロなどが反映されない場合もあります。

  • Webカメラ

    Webカメライメージ

    Web会議を行う予定がある場合、カメラが搭載されているかの確認も行いましょう。
    ほとんどのノートPCで搭載されているが、一部のビジネスモデルではセキュリティの問題で外されてる場合や、価格重視のモデルでも価格を抑える為に搭載されてない場合があります。
    スマートフォンなどでのWeb会議を想定されている場合は上記の限りではございません。

おすすめのテレワークパソコン

モバイルノート

  • 省スペース
  • 持ち運び想定
  • バッテリーの持ちがいい
  • 性能が上がると値段も上がりがち
  • Let's note SZ5 CF-SZ5ADCVS

    商品イメージ
    中古Cランク
    ¥32,800
    • 軽量タフネス
    • 第6世代Core i5搭載
    • モバイルでもDVDドライブ搭載モデル
    CPU Core i5 6300U(2.40GHz)
    メモリ 4GB
    HDD 320GB
    ディスプレイ 12.1インチ(1920x1200)
    OS Windows10 Pro(64bit)
    Webカメラ
  • Lenovo YOGA C630 81JL0012JP

    商品イメージ
    新品
    ¥79,800
    • 中古が心配な方に
    • MicroSoft Office付属
    • 手書きメモで直感的な作業も可能
    • 極めて薄く持ち運びが楽
    CPU Qualcomm Snapdragon 850(最大2.96GHz/8コア)
    メモリ 4GB
    ROM 128GB(UFS)
    ディスプレイ 13.3インチ(1920x1080)
    OS Windows10Home(Sモード/64bit)
    Webカメラ

    中古パソコンが少し心配という方には新品をおすすめします。 新品でこちらはMicrosoft Officeが付属していながら価格も抑えめです。 非常に薄型軽量でタッチパネル対応ですので、付属のペンで直感的な作業も可能になります。

  • dynabook R63/P PR63PBAA647AD71

    商品イメージ
    中古Bランク
    ¥34,800
    • 薄型ボディでありながら低価格
    • 第5世代Core i5にSSD搭載で動作もスムーズ
    • 細かすぎる文字がお困りならおすすめ
    CPU Core i5_5300U(2.3GHz)
    メモリ 4GB
    SSD 128GB
    モニタ 13.3"TFT(1366x768)
    OS Windows10Pro(64bit/MAR)
    Webカメラ

    低価格でありながらも薄型軽量が魅力の東芝モバイルです。 第5世代Core i5にSSD搭載で動作も軽快です。 薄型ですが手になじみやすいキーボードに、見やすいディスプレイが特徴です。

スタンダードノート

  • 大画面だから作業がしやすい
  • 値段の割に性能は高くなりやすい
  • バッテリーは小さいので持ち運びには不向き
  • テンキーがついたモデルが多い
  • VersaPro VX-P VK23T/X-P PC-VK23TXZGP

    商品イメージ
    • 第6世代Core i5に8GBメモリ搭載のパワフルノート
    • ゆったりサイズの15型クラスなので文字も見やすい
    • ビジネスモデルでは珍しいたっぷり500GB HDD搭載
    CPU Core i5-6200U(2.30GHz)
    メモリ 8GB
    HDD 500GB
    ディスプレイ 15.6インチ(1366x768)
    OS Windows10_Pro(64bit)
    Webカメラ

    しっかり性能な大型ノートをお探しならこちらがおすすめです。第6世代Core i5にメモリも8GB搭載なのでマルチタスクな作業も安心です。テンキー無しモデルですが、その分性能の割りに価格も抑えめ!

テレワーク用アクセサリ

ご自宅でのWeb会議、作業効率アップの為の音楽、環境によってはイヤホンやヘッドホンなどが必要になります。

AirPods

商品イメージ

AirPodsはマイクもついている為、Web会議には最適です。なかでもAipPods Proはノイズキャンセリング機能も搭載されているので、ざわざわしたカフェなどでも快適にご利用いただけます。

特集一覧

2020年の入学祝いはこれ!
アップルウォッチで迷ったら…
Win7のPC使ってませんか?
人気上昇中?!
ロムとは?白ロム?
SIMフリー基礎知識
どこがちがうの?格安SIM
もはやPCだけではありません
ニンテンドーではありません
中古iPhoneで迷ったら…
ネットワーク利用制限とは?
au系SIMカード×iPhone
ベゼルレススマホって何?
Xperiaを徹底比較!
入学、進学の季節に!
iPad使いこなす
中古美品の代名詞?!
ザ・ランキング
スマホ買取ならこちら
パソコン売ってます