Apple Watch の選び方 アイキャッチ

Apple Watchって?

2015年に登場して以来進化を続けるApple Watch。
ウェアラブル・スマートウォッチ市場の過半数のシェアを持ち腕時計としても、あのロレックスの売り上げを超えたという大人気端末です。そんな人気っぷりから興味を持たれた方も多いと思いますが、いざ探してみると「かなりの種類、組み合わせがある」という事が分かります。
これだけあると何がどう違っていて、どこから選んでいいものか悩んでしまいます。

そんな方へ、各モデルの説明と違い、何を基準に選べばいいか、オススメの商品をご案内します。

GPSモデルと
Cellularモデルの違い

通信機能の違い

  • GPS+Cellularモデル⇒Apple Watch単体で通信出来る
  • GPSモデル⇒iPhoneとペアリングしていないと通信出来ない

本当に簡単に言うとこんな感じなんですが、流石にピンとこない方もおられると思いますので、単体で通信が出来る出来ないでどういった違いが出て来るのかみてみましょう。

GPS+Cellularモデル

GPS+Cellularモデル イメージ

Watch単体で通信出来る

GPS+Cellularモデル単体で出来る事

全ての機能を単体で使用する事が出来ます

例えば、ランニングなどの運動時(iPhoneを持ち歩きたくない)でもこんな事ができます

  • ストリーミングで音楽を聴く(同期させた音楽はGPSモデルでも聴ける)
  • メールの通知、確認
  • 通話

GPSモデル

GPSモデルのイメージ

Watch単体で通信出来ない

GPSモデル単体で出来る事

  • ワークアウトやアクティビティのトラッキング
  • 音楽の再生(※)
    ※単独使用する前にiPhoneからダウンロードする必要があります
  • ApplePayでの支払い

通信環境下に無い時のiPhoneをイメージして頂ければしっくりくるかもしれませんね。

※iPhoneとの接続可能な距離は2〜3m以内

選ぶ時のポイント

  • 通信機能で選ぶ

    仕事の都合上iPhoneを常に身近に置けない方や、ジョギング等のワークアウト時も電話やメールが気になる方はCellularモデルが便利だと思いますが、基本的にiPhoneが身近にあるという方はGPSモデルでも十分だと思います。自身の生活スタイルを思い浮かべると選びやすいんじゃないでしょうか?。

  • ケースで選ぶ

    Apple Watch魅力のひとつ、ケースにはCellularモデルでしか存在しないものがあります。GPSモデルには基本的にアルミニウムケースしかありませんが、Cellularモデルにはステンレスやセラミック(Seris5)なんていう高級感たっぷりなケースが用意されています。

    Apple Watchケースのイメージ

    Cellularモデルの方が値段が高くなるので予算との相談になります。また、Cellularモデルであっても通信契約をしないで使うという選択肢もありますので、まずはカッコいいものを選ぶという事が重要です。

※GPS+CellularモデルはeSIMを内蔵しているので単体でもデータ通信が可能ですが、お使いのiPhoneの契約と紐づく専用の契約が必要となる為、MVNOでの利用は出来ません。(2019年11月現在)docomo・au・softbankでの専用契約が必要となります。

ケースとバンドの関係

それでは生活スタイルに合わせるという意味で、もう一つの大事な要素であるケースとバンドに関して見てみましょう!!

  • ケース(本体)の種類

    Apple Watchにはアルミ製・ステンレス製・セラミック製・チタニウム製のケースがあり、38mm・42mm・40mm・44mmのサイズがあります。(詳細は【世代別・モデル別性能の違い】を参照にして下さい)

    • ステンレススチールのイメージ
      ステンレススチール
      Series5
      Series4
    • アルミニウムのイメージ
      アルミニウム
      Series5
      Series4
      Series3
    • セラミックのイメージ
      セラミック
      Series5
    • チタニウムのイメージ
      チタニウム
      Series5
  • バンドの種類

    Apple純正のスポーツバンド・スポーツループ・レザー・ステンレススチールの他にもサードパーティー製のバンドが無数に存在します。

    • スポーツバンド
      スポーツバンド
    • スポーツループ
      スポーツループ
    • レザー
      レザー
    • ステンレススチール
      ステンレススチール
  • バンドのサイズと互換性

    Series3までの38mm・40mmバンド、series4以降の42mm・44mmバンドにはそれぞれ互換性があります。

    Apple Watch互換性のイメージ
  • ケースとバンドの組み合わせ

    こちらは完全に個人の好み!!なのですが1つだけアドバイスを。用途別に複数所持する事をおススメします!!例えばレザー・ステンレスバンドはビジネスの場でも似合いますが、ワークアウトには不向きですよね?そしてスポーツバンドの場合はその逆です。という事で色々なシーンを想定してバンド選びを楽しみましょう!!

    Apple Watchバンドのイメージ

    組み合わせを試してみる (Apple公式サイト)

イオシススタッフの
おすすめWatch

スタッフのおすすめWatchはこちら!

スタッフ

「Apple Watch Series4
GPSモデル」です!

Appleストアのラインナップから消えたSeries4が何故オススメなのか?幾つかポイントを上げて説明して行きましょう。

Apple Watch Series4 GPSモデル

Apple Watch series4のイメージ
  • 処理能力

    先ずSeries4の処理速度はSeries3の2倍の速さがあり、発売当時画期的に変わったとさえ言われていました。そしてSeries5の処理能力なんですがSeries4の2倍!!…ではなくSeries3の2倍のままなんです。つまり動作速度に関してはSeries4はSeries5と同等と言っても過言ではありません。

  • ディスプレイ

    Apple Watchディスプレイのイメージ

    Series3と比べるとベゼル部分が細くなり表示領域が大きくなったSeries4。そしてSeries5のディスプレイはSeries4と全く同じサイズと見た目で、違いと言えば常時表示に対応したくらい。どうしても常時表示じゃないと嫌だぁという方以外はこちらもいいのではないでしょうか。

  • GPSモデルで十分

    【GPSモデルとCellularモデルの違い】 の項目で『自身の生活スタイルを思い浮かべると…』と書きましたが『近くにiPhoneが無い環境ってそうそう 無いな』と思われた方多いんじゃないでしょうか?ジョギングしている間も電話やメールが気になるシチュエーションってそうそうないと思いますし、そういうシチュエーションの時はジョギングなんてしないと思います。そしてバッテリー持ちですね。Cellularモデルは電話やメールが単体で出来る反面常に電波をキャッチしているのでGPSモデルに比べバッテリー持ちが悪くなります。

  • 中古品が豊富

    新型発売後は1世代前の中古が市場に多く出回ります。そして一気に中古市場が潤うと相場が下がります。そして去年出たばかりなのでよっぽどの事が無い限りバッテリーの消耗も激しくないと思います。

スタッフおすすめのApple Watch Series4はこちら!

最後に

ここまで読んで頂いた方の中にも、『どれにしたらいいか分からない・・・』と思われている方おられると思います。
そんな方にこんな提案を!

Apple Watchのイメージ

第2世代か第3世代の安い中古を買って実際に試してみてはいかがでしょうか?

そして…
  • 使ってみて合わないと思ったら

    弊社の買取に出しちゃいましょう!購入時のレシートがあれば買取額10%UP(※)です。差し引きすると実質レンタルみたいな料金にきっとなります!

  • 使ってみて便利だと思ったら

    弊社の買取に出して、買いなおしましょう!購入時のレシートがあれば買取価格10%UP(※)です。そして気になるApple Watchに買い替えれば実質大幅値引きされたみたいになもんですよ!!…ね?

買い替えキャンペーン

特集一覧

アップルウォッチで迷ったら…
Win7のPC使ってませんか?
人気上昇中?!
ロムとは?白ロム?
SIMフリー基礎知識
どこがちがうの?格安SIM
もはやPCだけではありません
ニンテンドーではありません
中古iPhoneで迷ったら…
ネットワーク利用制限とは?
au系SIMカード×iPhone
ベゼルレススマホって何?
Xperiaを徹底比較!
入学、進学の季節に!
iPad使いこなす
中古美品の代名詞?!
ザ・ランキング
スマホ買取ならこちら
パソコン売ってます